いろんな種類がある公務員について

現在、日本の学生で人気の高まっている職業に公務員があります。
安定的な収入がありリストラもないため、安定した生活を送ることができることが要因とされています。
ただ、事務的な仕事ばかりだと思われているようですが、一言で公務員といってもいろいろな業種があります。
なぜならば、行政では多岐にわたる仕事があるからです。
身近なもので言えば、上下水道の管理や消防救急、警察や保健所や公立学校の教師などがあります。
これらがなければ国民は安全で安定的な生活をすることができません。
それぞれの業種は専門性が強いため、一括で採用するというわけではありません。
特に消防救急や警察などは専門の学校を卒業することで初めてそちらに採用されることができるのです。
また地方・国家公務員でも厳しい試験をパスしなくてはなりません。
そのため、専門の予備校やゼミなども登場しているのです。
この競争率は高まっているため、それなりの努力が必要となります。

check

2015/1/16 更新